« 2006年のお気に入り映画 | Main | 『こわい童謡 表の章・裏の章』 »

March 12, 2007

【告知】『ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学』

 日本国内では間違いなく最強…いや、世界的に見ても有数なダリオ・アルジェント・ファン・サイトと言える“ダリオ・アルジェント AVETE VISTO DARIO ARGENTO PAGE”を主催する“赤い魔女”こと矢澤利弘氏が、日本では初めてになるダリオ・アルジェントの研究読本を上梓。矢澤氏のサイト限定では、2月中旬より先行発売されていたが、3月より大手一般書店やインターネット書店等でも取り扱いが始まっている。

Photo_6

ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学』矢澤利弘 著
 A5版336ページ 定価3800円(税込3990円) ABC出版

 アルジェントの歩みとその全作品に関してを、アルジェント本人や関係者の証言を盛り込みつつ詳述したもの。著者自身による作品解題的な要素は控え目となっているが(勿論、無いわけではない)、これは紙数の関係と日本で初の研究書という立場からあえて客観的な視点に拘ったから故で、そうした部分は第2弾以降で取り上げることを予定しているそうだ。詳しい内容は、AVETE VISTO内の詳細頁をどうぞ。なお、著者サイトで直接購入を申し込むと、500冊限定のシリアル番号カードがついてくる。発送等の対応も早いので、今現在(1ヵ月後とかに在庫があるかは判らないが)、確実に入手するには著者サイトを利用するのもいいだろう。希望者には署名も承るとのこと。

Photo_5

◎サイト注文限定シリアルナンバー・カード

 また、この期に及んで今さら…なタイミングでの告知となるが(爆!)、明日13日(火)の宵にはLOFT/PLUS ONEにて、本書の出版記念イベントも開催される。

@@@

★日本初!ダリオ・アルジェント研究読本発売記念イベント★
「ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学」

【日時】3月13日(火)Open/18:30 Start/19:30

【会場】LOFT/PLUS ONE
      
【出演】
矢澤利弘(「ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学」著者、アルジェント研究会代表)
篠崎誠(映画監督)
大久保智康(脚本家)
鷲巣義明(映画文筆家)
殿井君人(映画ライター)
多田遠志(司会・LOFT/PLUS ONE)

【料金】1500円(飲食別)

鮮血の悪夢をフイルムに刻み込むイタリアのホラー映画の鬼才監督ダリオ・アルジェント。ホラー映画はもとより、CM、ファッションショーなど、知られざる仕事にも肉迫。多彩なゲストによるトークと貴重な映像を交えて、アルジェントの魅力に迫ります。

@@@

因みにイベントは、“ジャッロ”“知られざる仕事”“三人の魔女と怪奇ワールド”の三部構成で、トークの合間には国内ソフト未発売や既に廃盤となった作品などからのレア・クリップを含む映像も上映予定。初心者の方にも優しく、かつディープなものになると思われる。

ここでもこれまでに何度も公言しているとおりアルジェント嫌いの僕も、何故か(…会場を凍らせるため?)トークに参加します。石を投げたら駄目だよ>「あ」者の皆様。

|

« 2006年のお気に入り映画 | Main | 『こわい童謡 表の章・裏の章』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【告知】『ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学』:

» アンフェアの映画試写会って鐔ワ愁鐔 [今日のこれ!]
アンフェアが映画になりましたね! すでに試写会が終わっているところもあり、 その感想がホームページなどでみることができます。 [Read More]

Tracked on March 12, 2007 07:05 PM

« 2006年のお気に入り映画 | Main | 『こわい童謡 表の章・裏の章』 »