« June 11, 2006 - June 17, 2006 | Main | July 9, 2006 - July 15, 2006 »

June 29, 2006

第9回&第10回アルジェント研究会

 この週末(7月2日)には、赤い魔女さん主催による第11回アルジェント研究会『オペラ座/血の喝采』が開催される(お申し込みはこちらから♪)というのに、なんつうかこちらの更新が滞っている間に開催された2回分のレポが未掲載でしたね。勿論、気づいてはいましたが(苦笑)。

 流石にそれぞれ4ヶ月、2ヶ月以上が経過してしまったので、具体的な記憶はすっかり忘却の彼方に消え去ってたりするのですが(そうでなくても「あ」のネタだし!)、簡単にそれぞれの様子をまとめておきます。

◎第9回アルジェント研究会 『スリープレス』&クラウディオ・シモネッティの映画音楽Part3

2006年2月4日(土)am10:30~@カメリアプラザ5階第2研修室

 メインのお題は、「あ」の劇場用監督第15作になる『スリープレス』。これまた「あ」の中でも微妙な立ち位置の作品ながら、当日は前回と同じく19名の参加者が出席。画像は作品のカラーに合わせた青いポロシャツ姿で登壇した赤い魔女さん。

06062902

 こちらは会場に展示されたオリジナル版ポスター…なんだけど、光っちゃってますね。実はこの日、デジカメのバッテリーがほとんど無かったことに直前まで気づかず、撮り直しできなかったのよ。すまん。

06062901

 資料性の高さに加え、本文部分のレイアウトもより見易くなった作品資料の表紙。

06062903

 さて『スリープレス』は、赤い魔女さん曰く新しい分野を求めて迷走していた(つうか、彼の作品の迷走ブリはデビュー当時から現在まで一貫してるような気がするんですが-爆!-)「あ」が、崖っぷち状況の中で原点回帰を果たそうとした作品にあたるそうだ。

 作品解題は、そうした当時の状況を詳細に明かしつつ、ジャーロへの回帰に至った経過と、脚本協力した作家カルロ・ロッセリとのコラボの話題等からスタート。同じくロッセリ原作の『オールモースト・ブルー』の映像等も紹介しつつ、それぞれの役割・関係を語る赤い魔女さんの解説は興味深くかつ判り易いものだったけど、ベテラン監督「あ」と中堅作家ロッセリの関係を、黒澤明と若手作家に例えるのは、反「あ」じゃなくともいかがなものかと思うんでないかい(笑)。

 なお赤い魔女さんは、実際『スリープレス』の撮影現場を取材で訪れているので、製作秘話の一貫としてご自身が取材した時の撮影現場でのインタビューテープや、撮影現場の写真やその時のエピソードなどファンにとっては実に興味深い諸々の事項も併せて公開。殺人の起きる直前の現場で、そこには登場しない筈のロベルト・ジヘッティの姿を見かけ、カマをかけたところ毛布に包まっている殺人者をその時点では明かされていないジヘッティ本人が演じていたことも判ってしまったそうだ。

 なおゲスト・パネラーのT.Yasuiさんは、モレッティ捜査官を演じたマックス・フォン・シドーの関連作品等を中心に紹介。赤い魔女さんの作品解題同様に、こちらもノリノリで時間を超過し、結局前々回の積み残しクラウディオ・シモネッティの映画音楽Part3は今回も完結を見ぬまま第10回へと持ち越されたのであった。

◎第10回アルジェント研究会 『歓びの毒牙』&クラウディオ・シモネッティの映画音楽Part4

2006年7月2日(日)am10:30~@カメリアプラザ5階第2研修室

06062905

 いよいよ研究会も10回を数え、記念すべきメイン作品は「あ」の映画監督デビュー作『歓びの毒牙』。こうして続けてアップすると、前回と同じ服だったのが確認できますね(爆!)>赤い魔女さん。やっぱりジャーロ系は“Almost Blue”ってことでしょうか?まぁ、僕自身の着たきり雀ブリ(つうか所持する服の枚数の少なさ)は、赤い魔女さんよりも段違いにSIDいとは勿論自覚してますとも(苦笑)。

06062906

 当日の参加者は、前回比125%増になる25名が出席する盛況ぶり。

06062908

 会場に展示されたオリジナル版ポスター

06062904

 作品資料の表紙。いきなりネタバレスティールを持ってきてます。まぁ、この会の参加者で作品を見てない方はいないだろうけどね(苦笑)。

06062907


 赤い魔女さんによる作品解題は、今回も映像資料を多用しつつ作品の成立から製作、各場面の意図、スタッフ・キャスト、そして完成後の評判とその後の展開についてまで、実に多岐にわたるものだった。その中でも、個人的に一番興味深かったのは本作にクレジットされてはいないが、作品に関与していた二人の人物の存在についてだ。

 その一人は、SF・ミステリー作家のフレドリック・ブラウン。ベルナルド・ベルトリッチからブラウンの『通り魔』を紹介された「あ」は、当初それをデビュー作として脚本化・映画化しようとしたらしい。ところが幸か不幸か、『通り魔』の版権料が新人のデビュー作としてはとても手を出せる額ではなかったため正式に版権を獲得することを断念。でもそのアイデアを流用して、新たな物語をでっち上げるのはOK!だよねというイタリア的発想から「あ」によって書かれた脚本が『歓びの毒牙』になったのだそうだ。実際、『歓び~』にブラウンがクレジットされてたら、僕的には絶対にブラウンに対する冒涜だろうと暴れただろうな(いや、『通り魔』は読んでないんだけどね)。なお『通り魔』は、1958年にガード・オズワルド監督により小説原題でもある『The Screaming Mimi』のタイトルで映画化されており、その一部が参考上映として流された。モノクロ映像も中々ムーディで、これは全編通して見てみたいものである。

 もう一人は、後に『暴行列車』等のジャーロ作品も監督することになるアルド・ラド。書きあがった脚本の推敲に参加し、助監督として積んだ現場経験から現実の撮影面での実現性等の助言を行ったのはラドだったそうだ。こんなところでも、ジャーロの人脈は繋がっていたんだね。

 またゲスト・パネラーのT.Yasuiさんは、音楽を担当したエンリオ・モリコーネを、関連作品のクリップを流しつつ紹介。今回は全体的に時間配分も順調で、4回までひっぱった赤い魔女さんのクラウディオ・シモネッティの映画音楽も無事完結を迎えたのだった。


参考リンク:第8回アルジェント研究会『わたしは目撃者』(第1回~7回のレポへのリンクあり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2006

“真夏のホラーTVガイド!”7月にオンエア!

 スカパー318chにてオンエア中のホラー専門チャンネル ホラーTVでは、7月に新たなホラー情報番組が登場します。タイトルは“真夏のホラーTVガイド”。現在同局でオンエア中の情報番組“THE FUNKY HORROR SHOW 2”が黒ビキニ姿のホラーギャルズがキャピキャピと進めるなどホラー初心者向けライト・ヴァラエティ形式を取っているのに対し、こちらはもう少しマニアックな層に向けたものを目指しています。

 25分の番組は3人のコメンテイターが、MCの伊藤さとりさんのナビゲートにより、8月のホラーTV放映ラインナップの中から注目の作品、夏公開の新作映画、新作DVDについて語るという形式。コメンテイターの顔ぶれは、渋谷怪談 THE リアル都市伝説等の福谷修監督、映画文筆家の鷲巣義明氏、そして私、殿井が末席で参加させていただきました。この他、劇場公開新作の1本としてとりあげられた神の左手 悪魔の右手の原作者、楳図かずお先生もゲストとして登場。相変わらずハイテンションなノリは、生で見るとますます感動ものでしたよ(…とほとんど傍観者モード-苦笑-)。

06062801

収録風景:左から収録が行われた六本木 ホラーバー 『トリック・オア・トリート』の館長D.ZOMBIE氏、伊藤さとりさん、楳図かずお先生、鷲巣義明氏、福谷修監督、殿井

 個人的な話をすれば、こういった番組の収録に参加するのは初体験だったので、噛みまくり、つまりまくりと見事なまでにぱんぴーぶりを露呈してます(苦笑)。でも、ご覧の通りのディープな顔ぶれが揃ってますので、番組としてはホラー・ファンなら楽しめるものになっているのではないかと。初オンエアは7月2日の20時30分からで、以後7月中はほぼ1日おきに1度ペースでリピート放送があります。スカパー!の視聴環境がある方は、この機会に是非とも加入して見てください。

06062802

 因みに私の選んだ8月のお薦めオンエア4作品は

06062803

 『怪奇!真夏の夜の夢』

06062804

 『怪人!ドクター・ファイブス』

06062805

 『死霊懐胎』

06062806

 『プリズン』

の4本。なんか真っ当過ぎない?との声も身内から上がりましたが(笑)、私がホラーTVに求めているものは

1.日本での劇場公開、TV放映後ソフト化されていない作品
2.日本での劇場公開、TV放映後一度はビデオ等発売されながら、既に廃盤か現在に至るもDVD化されてない作品
3.完全に本邦未公開作品

等、ここだけでしか見れない(or 見るのが大変な)作品を1本でも多くということに尽きるんですよね。勿論、100%その線でなどと無理を言う気はないわけで、月に1・2本でも1.範疇のタイトルが入っていればホラー好きなら率先して視聴契約を結ぶ気になると思うのですよ(少なくとも自分はそう)。

 正直昨秋の開局当初は、上記3点で言えばかなり物足りない思いをしたのは事実だけど、年が明けて2月以降はコンスタントにそうしたタイトルが入ってきており、貴重な作品に出会う場としてはかなり充実度が上がってきてると思うんですよ。一例をあげると

2月
『怪奇!呪いの生体実験』(英国製マッドサイエンティスト・ホラーの傑作)
『ザ・パック 怒りの群れ』(ロバート・クローズが監督した70年代アニマルパニック)
3月
『恐怖の蝋人形』(ショック場面の直前に警告音が流れるが、実はショック度は大した事ない猟奇殺人もの)
『ギロチンの二人』(ヘンリー・スレッサー原作の怪奇サスペンス)
4月
『新ドラキュラ 悪魔の儀式』(ハマー・ドラキュラ第8作)
『ドラゴンvs7人の吸血鬼』(ハマー・ドラキュラ第9作)
5月
『怪奇!超自然の目』(オカルト探偵ものテレフィーチャー)

は全て日本ではDVDはおろかビデオにもならなかった作品ばかり。勿論中には迷作も混じってはいるけれど(笑)、そんなのも含めて一般的には精々大昔にテレビの洋画劇場で見たような記憶があるかも…レベルの作品が、こうして字幕版でオンエアされたのは快挙と言うしかないよね。今後も、まだまだ隠し球を持っているようなので、ホラーマニアなら今後もますますその動向から目が離せない筈!

 つうことで私の8月のお薦め作品は『プリズン』を除けば全て2.に属する作品なので、屑ビデオを蒐集してる方or近所にこれらの廃盤ヴィデオを未だに置いてあるレンタル屋さんがある方以外なら、なかなか貴重な放映と言えるでしょう。まぁ、画像でお判りの通り僕自身は全て手元にあったりするんですがね(笑)。“FANKY~”よりもよりコアな…という点では、4本中多分一番マイナーな『死霊懐胎』あたりをフィーチャーすべきだったかなぁと、ちと反省したりもしてますが、そのあたりは次回があれば活かしていきたいと思います。

 それと7月からの新番組では、米国製ホラー・オムニバス・シリーズナイト・ビジョンは、ジョー・ダンテ、トビー・フーパーらが監督したエピソードも含まれているので、個人的には楽しみかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 11, 2006 - June 17, 2006 | Main | July 9, 2006 - July 15, 2006 »