« “真夏のホラーTVガイド!”7月にオンエア! | Main | 『ミミズバーガー』&『真夏のホラーTVガイド!』補足 »

June 29, 2006

第9回&第10回アルジェント研究会

 この週末(7月2日)には、赤い魔女さん主催による第11回アルジェント研究会『オペラ座/血の喝采』が開催される(お申し込みはこちらから♪)というのに、なんつうかこちらの更新が滞っている間に開催された2回分のレポが未掲載でしたね。勿論、気づいてはいましたが(苦笑)。

 流石にそれぞれ4ヶ月、2ヶ月以上が経過してしまったので、具体的な記憶はすっかり忘却の彼方に消え去ってたりするのですが(そうでなくても「あ」のネタだし!)、簡単にそれぞれの様子をまとめておきます。

◎第9回アルジェント研究会 『スリープレス』&クラウディオ・シモネッティの映画音楽Part3

2006年2月4日(土)am10:30~@カメリアプラザ5階第2研修室

 メインのお題は、「あ」の劇場用監督第15作になる『スリープレス』。これまた「あ」の中でも微妙な立ち位置の作品ながら、当日は前回と同じく19名の参加者が出席。画像は作品のカラーに合わせた青いポロシャツ姿で登壇した赤い魔女さん。

06062902

 こちらは会場に展示されたオリジナル版ポスター…なんだけど、光っちゃってますね。実はこの日、デジカメのバッテリーがほとんど無かったことに直前まで気づかず、撮り直しできなかったのよ。すまん。

06062901

 資料性の高さに加え、本文部分のレイアウトもより見易くなった作品資料の表紙。

06062903

 さて『スリープレス』は、赤い魔女さん曰く新しい分野を求めて迷走していた(つうか、彼の作品の迷走ブリはデビュー当時から現在まで一貫してるような気がするんですが-爆!-)「あ」が、崖っぷち状況の中で原点回帰を果たそうとした作品にあたるそうだ。

 作品解題は、そうした当時の状況を詳細に明かしつつ、ジャーロへの回帰に至った経過と、脚本協力した作家カルロ・ロッセリとのコラボの話題等からスタート。同じくロッセリ原作の『オールモースト・ブルー』の映像等も紹介しつつ、それぞれの役割・関係を語る赤い魔女さんの解説は興味深くかつ判り易いものだったけど、ベテラン監督「あ」と中堅作家ロッセリの関係を、黒澤明と若手作家に例えるのは、反「あ」じゃなくともいかがなものかと思うんでないかい(笑)。

 なお赤い魔女さんは、実際『スリープレス』の撮影現場を取材で訪れているので、製作秘話の一貫としてご自身が取材した時の撮影現場でのインタビューテープや、撮影現場の写真やその時のエピソードなどファンにとっては実に興味深い諸々の事項も併せて公開。殺人の起きる直前の現場で、そこには登場しない筈のロベルト・ジヘッティの姿を見かけ、カマをかけたところ毛布に包まっている殺人者をその時点では明かされていないジヘッティ本人が演じていたことも判ってしまったそうだ。

 なおゲスト・パネラーのT.Yasuiさんは、モレッティ捜査官を演じたマックス・フォン・シドーの関連作品等を中心に紹介。赤い魔女さんの作品解題同様に、こちらもノリノリで時間を超過し、結局前々回の積み残しクラウディオ・シモネッティの映画音楽Part3は今回も完結を見ぬまま第10回へと持ち越されたのであった。

◎第10回アルジェント研究会 『歓びの毒牙』&クラウディオ・シモネッティの映画音楽Part4

2006年7月2日(日)am10:30~@カメリアプラザ5階第2研修室

06062905

 いよいよ研究会も10回を数え、記念すべきメイン作品は「あ」の映画監督デビュー作『歓びの毒牙』。こうして続けてアップすると、前回と同じ服だったのが確認できますね(爆!)>赤い魔女さん。やっぱりジャーロ系は“Almost Blue”ってことでしょうか?まぁ、僕自身の着たきり雀ブリ(つうか所持する服の枚数の少なさ)は、赤い魔女さんよりも段違いにSIDいとは勿論自覚してますとも(苦笑)。

06062906

 当日の参加者は、前回比125%増になる25名が出席する盛況ぶり。

06062908

 会場に展示されたオリジナル版ポスター

06062904

 作品資料の表紙。いきなりネタバレスティールを持ってきてます。まぁ、この会の参加者で作品を見てない方はいないだろうけどね(苦笑)。

06062907


 赤い魔女さんによる作品解題は、今回も映像資料を多用しつつ作品の成立から製作、各場面の意図、スタッフ・キャスト、そして完成後の評判とその後の展開についてまで、実に多岐にわたるものだった。その中でも、個人的に一番興味深かったのは本作にクレジットされてはいないが、作品に関与していた二人の人物の存在についてだ。

 その一人は、SF・ミステリー作家のフレドリック・ブラウン。ベルナルド・ベルトリッチからブラウンの『通り魔』を紹介された「あ」は、当初それをデビュー作として脚本化・映画化しようとしたらしい。ところが幸か不幸か、『通り魔』の版権料が新人のデビュー作としてはとても手を出せる額ではなかったため正式に版権を獲得することを断念。でもそのアイデアを流用して、新たな物語をでっち上げるのはOK!だよねというイタリア的発想から「あ」によって書かれた脚本が『歓びの毒牙』になったのだそうだ。実際、『歓び~』にブラウンがクレジットされてたら、僕的には絶対にブラウンに対する冒涜だろうと暴れただろうな(いや、『通り魔』は読んでないんだけどね)。なお『通り魔』は、1958年にガード・オズワルド監督により小説原題でもある『The Screaming Mimi』のタイトルで映画化されており、その一部が参考上映として流された。モノクロ映像も中々ムーディで、これは全編通して見てみたいものである。

 もう一人は、後に『暴行列車』等のジャーロ作品も監督することになるアルド・ラド。書きあがった脚本の推敲に参加し、助監督として積んだ現場経験から現実の撮影面での実現性等の助言を行ったのはラドだったそうだ。こんなところでも、ジャーロの人脈は繋がっていたんだね。

 またゲスト・パネラーのT.Yasuiさんは、音楽を担当したエンリオ・モリコーネを、関連作品のクリップを流しつつ紹介。今回は全体的に時間配分も順調で、4回までひっぱった赤い魔女さんのクラウディオ・シモネッティの映画音楽も無事完結を迎えたのだった。


参考リンク:第8回アルジェント研究会『わたしは目撃者』(第1回~7回のレポへのリンクあり)

|

« “真夏のホラーTVガイド!”7月にオンエア! | Main | 『ミミズバーガー』&『真夏のホラーTVガイド!』補足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第9回&第10回アルジェント研究会:

« “真夏のホラーTVガイド!”7月にオンエア! | Main | 『ミミズバーガー』&『真夏のホラーTVガイド!』補足 »